スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



「いいてんきね」


K太はそういったんだった
今日がお祭りの日と知っていて

「お祭りいきたいなら、ちゃんと寝てないとね」
「なおったよ!」「まだだよ~」
「ぼくなおったよ」「先生がいいっていったらね」


・・・で、小児科で紹介状を渡されて、
市立病院へ向かうクルマに乗る前に。
「いいてんきね」って、おさんぽしたそうにいっていた


入院になるってわかってたら、少しでも一緒に歩いたのに。
大好きなおひさまの下で、働くくるまのうたを歌ったりして。
してやればよかったのに。

川崎病で死ぬことは滅多にないけど、
退院したらもっと ほんのちょっとのもう少しを大切にしよう
ほんのささやかなことが 当たり前じゃなくなった日。


とりあえず前向きに付き添いしてこよう
娘も一緒に(笑)離乳食はしばしお預け。

2015.08.01 | | コメント(1) | トラックバック(0) | あれこれ



その気はない

オットが3人目の姪(オット妹さんの娘)の誕生が近いときいて
「うちももうひとりいてもいいよね?」などといいだした

MURI!!
45まで二人とも借金返しながら、3人は絶対無理!二人でもギリギリ!

高校まではこどもに借金させずに出してやりたい、そのためには二人ですでに限界ということを説明し納得してもらった

現に奨学金という名の借金をしたお陰でオットは有名私大を卒業できたわけだけれど、
もらえる給料から返済額をさっぴいたら、高卒と大差なく
中退してる私に至ってはいわずもがな

高校で奨学金は借りるべきではない
返還義務のないものを受けられるだけの成績がとれない限りは、公立へいってもらう
自分のこづかいは、社会勉強の意味でもバイトで賄ってもらう
だから勉強したけりゃ、あるいは就職を先送りしたいなら、そこそこいい成績とるのが条件

それが二人でだした答え
ま、まんまアンチテーゼだね


自分で出来なかったことをえらそーに無理強いできるとは思わない
だから今私は英語のサークルに参加して勉強しなおしている
レベル的には中3くらいだけど、錆び付いた頭で立ち向かうにはちょうどいい


勉強しなさい!宿題やったの?!じゃなくて
おかあさん勉強してるからなにかあったら呼んでね~って
親がやってみせるのがたぶん一番効くんだろう


私は半端な中退ものだ
だから子供がたとえ完璧でなくても愛する義務があるし、それは可能だと思う
弱くてだめな人間の気持ちがわかるから
逃げ道もないと追い詰められてドロップアウトする前に
休憩するくらいなら全然かまわないとうけとめてやりたい
そのうえでどうしてもやめたいならやめればいい


でも実際問題、中退だと仕事は少ないねー


願わくば子供たちが私のように自分で失敗しないと解らないのではなく
オットに似て周りの成功者、失敗例から自ずと選ぶべき道で踏ん張れるように育ってくれると、よいのだけれど。
こればっかりはねー、わからない。

テーマ:子育て・育児 - ジャンル:ライフ

2015.07.30 | | コメント(1) | あれこれ



にぶんのいち



娘はハーフバースデーを無事やりすごし
人工栄養うつぶせ大好きながらもここまではどうやら元気に育ってくれていてありがたいことです

最近は背筋を反らして腕を思い切り上へのばし
鳥の雛がはばたきの練習をするかのような動きをよくしています

六月の終わり頃から息子は急におとなになり
妹におもちゃや順番を譲ったり、世話を焼いては自分で「おにーちゃんやさしー」といったり、一人で眠るなどできるようになりました

正直、ほんと助かります
精神的ストレスの七割は上の子ケア由来だったので・・・
赤ちゃんがえりに徹底的につきあったのが、よかったのかしら

ほっとしたのもつかの間
魔の夏休みに突入しましたけどね!!
あー一日が長すぎる・・・(;´Д`)

忙しくてなかなか更新出来ずにいるけど、
育児備忘録になってるここの日記
読み返すといろいろ「そうそうこんなことあった!」って思い出すきっかけになるんですよね

二人目とくに目をかけてやれないし、もう少しマメにかいても悪くないかと思います
次回からはちょっとスタイルを変えて、こまめに記録していこう

稚内はようやくここ数日夏日
風の強さには辟易するけど、夏はほんと文句なしに楽園です

避暑にいらした折りには是非ご案内させてください♪

子供らが早寝した夜に限って寝つけない
凄い損してる気がする!!
一瞬で眠れるお酒とかないかなー
できれば朝も一瞬で目覚められるやつで。

2015.07.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | あれこれ



春でえむん




まだ雪降ったりもしますが、最北も春めいてきました
この一月は本当にあっという間でした
娘の出生関連のあれこれやワクチン、大慌てで息子の入園、やっとこさ荷物の片付けがすんだところに家庭訪問・・・
ようやっと落ち着けるかな、というところですが今度は夫の仕事が大忙しで母子家庭状態

とはいえ夜は四時間眠れるようになりましたし
息子もようやく朝型リズムができて
気持ち的にはぐっと楽になりました

幼稚園、最初の週はとにかくねむがってぐずりましたが
一クラス15人を二人体制でみてくださる手厚い保育のおかげか
すぐによろこんで登園するようになり安心しています
GW明けまでは午前保育なので、食器を片付けて掃除機をかけ、買い出しにいったらもう帰ってきます
帰宅後のお腹すいた攻撃の凄まじさは見事なほど(笑)
たくさん遊んでる証拠ですね
なにをするにも「じうん!(自分でやる!)」という場面が増え、嬉しい限りです

娘は体調を崩すこともなくマイペースに育っています
兄が未だに女の子に間違われることもあるのに対し
彼女は男の子にしか見られません(´・ω・`)
ちなみに顔は、父親似だという私に似ています
夫に似れば息子と同じくりくりおめめだったのになぁ~
まあしかたありません
新しい環境でがんばっているせいか、まだまだ母親を独占したい兄におされながら健気に生きてます(*´ー`*)

そんな我が家ですが、とうとう息子が3歳になりました
当日はパパが仕事なので前祝い
祝・チョコレート解禁☆

ざんぎやらおすしやらでささやかなパーティー
プレゼントのプラレールはベッドにまで持ち込むほどうれしかった様子
はじめてケーキのろうそくを吹き消した瞬間をビデオにしっかりおさめ・・・たとおもったら誤操作でなんもとれんくて超ショックでした。・゜゜(ノД`)

ちなみに入園式にもビデオ忘れました何してるんだ私ううう。

3年間。未熟な私たちが、それでも親になってもう三年と思うと本当に感慨深いものがあります
色々あったなあ
なんど別れようとかもう施設にまかせようとか思ったことか
ここまで育ってくれた、私たちも育ててくれた息子と家族、苦しいとき話を聞いてくれた友人たちや先生がたには感謝してもしきれません

まだまだこれからだけど
いままでやってこれたんだこら、これからもきっと、どうにかなるでしょう( 〃▽〃)

きっと、あっという間だったと振り返る日がくるから
今を大切にしよう

子供たちの無防備な寝顔と、それをみつめるオットの穏やかな笑みを、私なりに守っていかなくちゃ


ご馳走の余韻で若干胃もたれぎみですが、明日のために、おやすみなさい(@^^)/~~~

2015.04.19 | | コメント(6) | トラックバック(0) | あれこれ



通称ズル子



抱いていないとすぐ泣くので
ズル子と呼ばれています(笑)
哺力が弱いのが悩みでしたがここ数日でだいぶ飲めるようになって来ました
母乳の出が悪いのかミルクの消費量が多く、ことあるごとに絞ったりくわえさせますが…おっぱいよりミルクが好きらしいですorz

明日は1ヶ月健診
なんだか本当にあっという間です

K太は絶賛赤ちゃんがえり&焼き餅焼き&いじけ中です
健診無事終わったら、母が休みのときは極力赤子を預けてK太とデートするようにするつもり

二人目育児、余裕ない~
落ち着くまではまだまだかかりそうです…


2015.02.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | あれこれ



happy☆birthday


1月23日午後5時6分
新しい家族が増えました


3260グラムの女の子です


稚内市民として産まれたのにちなんでMちゃん
誰にでも読める漢字で一文字の名前です
ドキュンジャナイヨ


育ちがさほど恵まれた環境でなかったとしても広い世界で活躍できるよう
かつ自分のルーツ、心のふるさとを大切に出来る子になって欲しいから


あんまり語るの恥ずかしいからやめとこう


昨夜からの陣痛で一睡もしていないのに眠れない
経産婦は4日で退院、どーにか寝ないとしんどいのはわかりきってるんですが…


さすがに800ミリも出血したことはなかったのでいろいろ身体がしんどいです

ゆっくりなにもせずに横たわって…
初めての女の子育児、明日からがんばります!


おやすみしたいw

2015.01.23 | | コメント(6) | トラックバック(0) | あれこれ



入園の希望


オットが色々情報を集めて
K太が春から入れる幼稚園をみつけてくれました

2ヶ月前なら不安でしたが
今のK太なら、大丈夫そうです
帰省先の一時保育見学もすぐなじんでいましたから

なにより制約の多い賃貸住宅で赤ちゃんを見ながらK太に「静かにしてね」と強制しなければならないことを思うと
昼間だけでも元気いっぱい子供らしくいられる(そのうえ教育も受けられる)時間をあげたいし
私の肉体的精神的負担も減るしで
かかるお金以上にありがたみが大きいと思われます

第一子が4月生まれで助かった~
5月生まれ以降は通常どおり再来年度からの入園になるそうで…





入園準備いつからやるんだ?
オットは申し込みとか説明会とかちゃんとできるかな?
そしてそして…入園式に着ていく服がない!

ごふっ予定外の出費連続
3月の期末手当、オットはカメラのレンズが欲しかったそうですが我慢してもらうしかなさそう…

稚内で服安く借りられるところ探さなきゃ
産後2ヶ月で戻せる体重なんてたかがしれてるのに買いたくないから


たよりない、大きくてワガママな子供のようなオットですが
少しずつ、少しずつ、パパとしてがんばってくれています
昔よりはいくらか我慢強くなったし 少しは体力的、経済的にも協力してくれるようになりました

次は私ががんばる番!


今朝は五時前にロックが夢に出てきて、そのまま眠れなくなってしまいました
毎度毎度不思議なことに、産科健診当日はいつも睡眠不足です

K太は風邪気味で2日お風呂に入ってないし
沢山がまんさせちゃってるのに 健気に一人遊びしたり 猫を追いかけて笑ってくれて
なんて親孝行な息子なんだっ

今日こそ熱がでなければ
母に頼んでお風呂に入れてもらおう…


チビが寝てるうちに、シャワー浴びて用意します(>_<)

2015.01.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | あれこれ



近況報告~レスに代えて




あけましておめでとうございます
毎度毎度の無沙汰、申し訳ありません
今年も変わらず気まぐれ更新のまころんですがどうか暖かい目で見守ってくださいますようお願いします

ネットに接続することができず
せっかくいただいたコメントにもなかなかお返事できず心苦しいばかりです(花華さん、ごめんなさい!体調はどうですか?順調でありますように)
色々と変化もありましたのでお返事にかえて、最近の様子をお伝えしたいと思います

K太の発達の遅れについて~札幌編

こちらにきて最大の変化はやはり、家で交わされる会話の増加(母は日勤なら6時には帰宅しているため)と行動の制約がほとんどないこと(戸建てなので騒音を気にしなくていい)
次いで同世代の子供と長い時間繰り返し遊ぶ機会の劇的増加(3歳と1歳の従姉妹たち、同い年の同級生の娘さん)ですが
正月を挟んだことで祖父母、曾祖父母、おじ、おばとの交流(自分を中心においてかまってもらえる)や、大好きなネコとの暮らし(おいかけっこをしたり餌をやったり)も刺激になったようです

両手で事足りる程度の体言しか話せなかったK太は
今や二語文を話し始めました

ばいばい おかえり ありがとう いただきます おやすみなさいといったあいさつ
みかん ベーコン おもち りんご 牛乳 ジュース、にんじんなどの食べ物
ちーちゃん ぐーちゃん じーじ ばーちゃん じゃーちゃん マイケルなど家族の名前
いない ない ねんね あった、おいしい、しっこ、ちょうだいなど動作や状態や意志を意味する言葉
救急車 ジェームス、パーシー、ヘンリー(機関車トーマスより) ショーン(ひつじのショーン) ジェリー(トムとジェリー)など自分の好きなものの名前を
不明瞭ながら発音し、
ママねんね ちーちゃんいない にゃんにゃんしっこ 救急車ない牛乳ちょうだいなど
言える言葉を組み合わせて会話をしようとがんばっています


クリスマスにサンタさんからプラレールを少しもらったのですが
まだ環状にはできないもののあるだけのレールをつなぎ、自分でスイッチを操作して電車を走らせることはすぐに覚えました
パズルも40ピースくらいならすぐにひとりで完成させてしまいます
私が横になっていると「しゅっぱーつ」といって手を引っ張り布団からひきずりだそうとします
ママお腹いたいんだよ~というとなでなでしてくれ
聞こえないふりでグダグダしていると「あっちいけ」と居間(遊ぶ場所)を指差して怒ります

手を洗うのがマイブームで
歯磨きはいまだに泣き叫んで嫌がりますが
ごくまれにとはいえ、トイレにもいきたがるようになりました

動きや表情も格段にのびのびと子供らしくなり
夫も三週間おきに顔をみるごとに驚いています

あんなに悩んでいたのが嘘のように…本当に劇的な変化です

確かに内向きだったり音や人混みを怖がるなどはありますが、いまの様子からは「そういう性格」程度のものにみえます

今はもう少しこのまま、好きなだけ自由に過ごせる間、そうさせてあげたいと思います
また稚内に帰ったら賃貸アパートの窮屈な暮らし、しかもお兄ちゃんとして我慢を強いられるシーンもあるでしょうから…


お腹の子供は今月17日から周産期にはいります
すでに2700グラムに達しているそうです
入院中のK太の面倒を義母にみてもらう関係で、今月中に陣痛がこなければ誘発分娩する予定です

とりあえずお試しお泊まりを今度の日曜日に
問題なく過ごせるといいのですが…歯磨きと寝かしつけ以外は、心配してないんですけどね
基本的には手の掛からない子でありがたいことです

体重は妊娠前から13キロ増えてしまいました
三十路母は産後相当がんばらないとやばいことになりそう…

せっかくの里帰りですから心を穏やかに保って、K太の時にはかなわなかった母乳育児が出来れば減量も多少は楽になるので、あまり焦らずにいくつもりです


残りわずかな眠れる夜というのに
携帯で入力してると時間かかってダメですね
鉄剤と抗アレルギー薬(ネコアレルギー用)のんでそろそろ寝ます


おかげさまで、私は元気にしていますo(^-^)o
ダルビッシュの子供が産まれたという病院はごはんも美味しいらしいので
今はもう早く娘の顔がみたいです



陣痛こないかな~

2015.01.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | あれこれ



里帰りなう


札幌滞在一週間。

産院を決め、祖母を見舞い、
友人にもちょいちょい会ったり
ご先祖とロックのお墓参りをしたりで、案外時間はすぐにすぎていきます

シッター犬のいなくなった実家ではチビはやっぱりおもちゃがないと退屈そうで
義母や友人からもらったものが大活躍しています

猫のマイケル(ロシアンブルー、3歳)はチビに追いかけ回されてお疲れ気味
それでも慣れてきたのか、たまにわざと近くを通っておちょくったりしてきます

数日前から雪が本格的になってきて
ほとんどひきこもりに近い日々です
貧血と戦いながら逆子体操
やめられないおやつと体重増加は黄信号
エアロバイクでもこごうかしら

転倒予防のため風呂掃除と雪かきは母に任せきりですが
そのほかの日常的な家事とチビのお世話や
軽い買い出し程度は普通にしてます
猫の水とトイレの取り替えが猫アレルギーの身には一番つらいです(笑)


あれから2ヶ月がすぎ
ほとんどロックの気配は消えましたが
掃除機をかけるなどのふとした瞬間にあの子のニオイがよみがえったり
暗い部屋で床に黒いバッグがおいてあるとドキッとします

不思議な感じ

チビは母にもよく慣れて
歯磨き以外のことはなんでも嫌がらずにさせるようになりました
もともと母はあまり孫の世話をやくタイプではなく
頼んだことだけしてくれるのが逆に気楽で過ごしやすいです


来年までに寝かしつけと歯磨きもさせてくれるようになれば安心


こんこんと雪の降り続けた今日、3時すぎにインターホンがなり
あけると唇を真っ青にしてガタガタ震えている中学生の男の子
向かいのお兄ちゃんらしいですが、鍵を忘れて中にはいれないと助けを求めてきました

聞けば一時間外にいたと
口数少なく礼儀正しく遠慮深い様子の少年、呼び鈴を押すのも相当悩んで、寒さに耐えきれずにという具合だったのでしょう
仕事をしているお母さんが帰宅するまで居間にいてもらいました
遊び相手をしてくれてチビは大喜び

札幌は基本的に自助独立の街ですが
さりげなくご近所さんがみまもっててくれる、そういうところに実家はあります
あらためてここがhomeなんだなあと実感

やっぱりいつかは定住したいよなぁ~


風邪で全滅していた義実家の皆さんがそろそろ回復してきたというので
近々顔をだしにいこうと思います


コメントいつもありがたく拝読しています
お返事が遅くてごめんなさい
心配ばかりかけてしまって…
もう少し落ち着いたら必ずレスさせていただきますね


チビが寝てる間に、ゆっくり年賀状書かなくちゃ。

2014.12.08 | | コメント(1) | トラックバック(0) | あれこれ



いわれのない苛立ち


非常に鬱っぽい長乱文ですごめんなさい




イヤイヤまっさかりのK太


事前に言い聞かせても
出かけるのに最低30分はかかるし(逃げ回る、しかも追いかける母をみてあざけるかのごとくゲラゲラ笑う)
一時預かりしてもらって 迎えに行けば「いや!」といって手を振る(自分はここにいるから帰れというこてらしい)
家では何度叱っても走り回り飛び跳ねて階下からの苦情が頻発
ごはんは好き嫌いしておやつばかり欲しがる
歯磨きは指をきつく噛んででもさせまいとし
挙げ句頻繁な夜驚(絶叫レベル)


毎日「あ~今日は何やって疲れさせよう」「今夜こそおとなしくしてくれるだろうか、今夜こそ眠れるだろうか」「階下の住人から民事訴訟が起こされるのはいつだろう」と怯えてばかりで
日が暮れるのが恐怖です

また走り回ってとまらなくなったら…
また朝まで眠れなかったら…
また作った食事を放り投げられたら…
今度こそ歯磨き中に指を噛み切られるのでは…


はっきりいって、かわいくない
うるさいし迷惑だし張り合いがない
「ママ」が思い通りにならないと許せない召使いとでもいうのなら
こっちからお役ご免被りたい


今日も病院のあと、どうせ帰りたくないというんだからずっと預けたままにしてしまおうかという考えが浮かんでしまいました


病んでるな~と思います
どこかで断ち切らないと

でも現実、頼れる相手はいなくて
オットは役に立たなくて
外注するお金もないのだから
どうしようもありません


本当にどうしてこんなからだなんだろう
安定して妊娠していられたら
今頃まだ働いてて
週の半分は半日でも「母親」から解放されて
ささやかながらも自分のお金で好きなことを少しだけして
K太も色んなところへ連れて行ってあげられて
そしたら夜は大人しくしてくれて、お腹を空かせて少しは野菜も食べてくれて
きっともっとずっと笑顔で暮らせるのに


専業主婦なんてよほどのセレブ子無じゃなきゃ割に合わない仕事
少し前なら子供の笑顔にいやされたけど
こうイヤイヤ絶叫ばかりでは
安らぎがありません


ほんの少し穏やかな時間が訪れても
「いつまた始まるか」に怯えるだけの時間になってしまう


自己チューな、子供じみたわがままとわかってはいます
けれど、比べてしまう
姉にはいくら騒いでもかまわないマイホームと毎週末預かってくれる義両親がいる
義妹には毎日世話してくれるやはり戸建ての実家がある
どちらの伴侶も平日から積極的に育児に関わる体力あふれる明るいパパさん
彼らの子ら、K太以外の4人の姪甥は
1歳半になるやならずでペラペラ喋り
いつも可愛がられ好きなだけ楽しいおもちゃや美味しいもの、たくさんの衣服を与えられる
近所からうるさいと迷惑がられることもなくいつでも好きなだけ走り回り暴れまわって遊ぶことができる


K太には私たち二人しかいない
マイホームなど縁のない転勤族の
たいして経済的余裕もない奨学生どうしの
ひどく未熟で子供のような母親と、体力とやる気がまるでなく1から10まで指示されても数十回繰り返さないと腰をあげず、気分次第で全く対応の違う父親しかいない


だから受け止めてあげないと
できる限り包んであげないと
悲しい思いをしたりしないように
なるたけ楽しく暮らせるようにしてあげないと
まして普通の子のようにはいかないんだから

私ががんばるしかないんだから


そういう気持ちと
つらい、報われない気持ちがぶつかって
今日、ついに子供の前で号泣してしまいました
「もう知らない」「帰りたくないなら帰らなくていい、もう迎えにいかない」「どうせ食べないんだからごはんなんかいらないでしょ」「迷惑だから出てって」とまで言ってしまいました



はい、これ 精神的虐待ってやつですね


こんな悲しい思いをさせたいんじゃない
それを一番させたくなかった筈なのに…


正直、オットは相談相手にならないので
階下の住人が通報してくれて
旭川の児童施設に連れていってくれたら…なんて思ってしまいます


そしたら私の思いに向き合ってくれるかな
K太の現実と向き合ってくれるかな
無駄な大量にある本うっぱらって、ばかみたいな趣味グッズ処分して
お小遣い増やしてとかいわなくなってくれるかな

働いてないから当たり前だけど
私にはお小遣いなんてない
スキンケア用品もひと月千円もかけない
三十路になるのにもう一年化粧品も買ってない
服や肌着だって2日洗濯しなければ着るものなくなるくらい


買えよっていってるだろ、じゃない
余裕がないから買えないの
理解があるつもりだろうけど
全然わかってないの


私と同じように我慢してとはいわない
精いっぱい働いてるのはわかってる
ただ、理解しなくてもいいから、ちゃんと把握してほしい
お金のこと、からだのこと、K太のこと、ご近所とのこと

いつもうるさくしてすみません…と私が何度挨拶にいっているか
わかっていたら深夜にインターホンならしたり、寝た子を構いたいだけで起こして泣かせて放置なんてできないはず
今日お隣に××届けて少しお詫びをいってきたと伝えただけで
「よけいなことしやがって」なんていうけど(はっきりいってどういう育て方されたんだとマジで思った)
それしてなかったらとっくに管理会社からどうにかしろなり出てけといわれてる



K太が悪いんじゃない
キャパの低すぎる自分が悪い
わかってる、わかってるけど、もうコントロールできない


寝顔をみて キレたことを反省できるうちはまだ大丈夫といいますが…

寝顔をみて 今は
あと何分で夜驚が始まるだろうと怯えるばかり
いっそ起きなければいいのにと思ってしまうことさえあります


何をやっても寝付かないから
背中を向けて寝た振りで無視し続けることにも慣れてしまった



話くらいならいつでもきくからかけてきなさいといってくれた母に電話をしても
いつもつながらない
やっとつながった日は「これから女子会だから3分だけヨ☆」…
ラインはじめましたとメールがあったけど、家族で私だけガラケーなので連絡先の登録もされない
姉とは頻繁に連絡しているようだけれど…


それでも陣痛がはじまれば休みをとってくれるというし
大学中退のみそっかすなんて、縁を切られないだけありがたいです
これまで母にかけた苦労と迷惑を思えば、今以上に甘えることは許されませんね


因果応報


こらえていれば、耐えていれば
ひとりきりでも、つぶれずに
K太が大きくなるまで、がんばることができたら

そのときは、私も許してもらえるでしょうか
神様とかは信じてませんが、しいていうなら星の巡りに


今はただ、涙がとまりません
ただ、心がバラバラなまま



私、どうするのが一番いいんだろう。

2014.11.21 | | コメント(1) | トラックバック(0) | あれこれ



«  | ホーム |  »

プロフィール

まころん

Author:まころん
職業:なんちゃって主婦(実態はニート!?)
住所:北海道宗谷地方
年齢:29歳
趣味:手抜き料理,ドライブ,お散歩,カフェめぐり,湯めぐり,DVD鑑賞(海外ドラマ・映画)
苦手:家事全般特に整理整頓,論理的思考,お金の計算,カメムシ,生臭い食べ物特に海産物

生きているだけで楽しくて仕方がなさそうな2歳の息子と、「息をするのもめんどくさい」会社員の夫と3人暮らし。
最近土地に染まったのか、ラーメンは塩派になってきた。

いらっしゃいませ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。