スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



悲報ひえーっ

待ちに待った明日の幼稚園始業式、暴風雪のため休止・・・

えっくえっく

2016.01.18 | | コメント(0) | あれこれ



無題

こころを、とめていないと息すら苦痛。
最近の夫の言動は、ほんとに苦痛。

調子のいいときはたいへんおちゃらけたおもしろいやつが、
よくないときは爆弾暴君虐待男に。

娘を泣き止まないからと往復ビンタしたり
息子のわざとじゃない失敗をなんども大きな声で(それこそ十分間くらい)ねちねちと責めたり

気に入らないこと(そしておそらくは図星ゆえに)を指摘されものに当たって賃貸の部屋を破壊、家族を怯えさす

私がテレビの虐待報道を見ながら、
実父養父の虐待が多いのは性欲を抑制されるイライラからって専門家の意見が紹介されてた、と話しただけで
なんだお前当て付けのつもりか!ぁあ?!うるせぇんだよ!など深夜に関わらず怒鳴り散らす

あー、つまりあんたもそうなの、としか思えない。

やっぱりこの男は、子供に与える影響のバランスをみたとき、悪い方に片寄りすぎてる。
何より、私自身が、一緒にいて気持ち悪い。

問題は不貞も経済的な義務の放棄もなく、
機嫌のいいときは育児に非常に協力的ってとこ。

失敗を執拗に攻めるのはなんのしつけでもないただのいじめと
何度説明しても「いわなきゃわからん」の一点張り。
彼の言い方は「やめろ!このバカが!ちっ(舌打ち)なんどいったらわかるんだ!この前もやっただろ!頭足りないんじゃねえかボケ!」が延々。
実際、夫に怒られるとただ泣きじゃくる息子だが、私が叱るときは素直にごめんなさいというのに。
(なぜいけないのか、どうするべきだったのか、行動の誤りのみを伝えて、人格を否定しないよう気をつけているつもり。まだまだ足りないけど)


理屈で説明しようとしても、
都合の悪いことはなにも受け入れない。
としと共に頭がかちこちになって、もう偏屈ジジイもいいところ。

どうしたら離婚できるか、
養育費を(振り込みにしたら絶対払わない性格だから)給与天引きにする形にすることはできるか、

とりあえず、ICレコーダーや、日記などを用意して
彼がいかに攻撃的で人格否定ばかりのモラハラ男であるとの証明が必要なのか?

それとももう少しうまく操縦する方法を探してみるべきなのか?

子供のために、有害なものはいらない。
でも子供から父親を奪うことも、有害なんだろう。


さて、どうしたものか。
一人で考えても、視野が狭い思考にしかなりそうにない。

匿名の相談窓口とかで、すこしはなしきいてもらったら
スッキリするのかなあ。

2016.01.14 | | コメント(2) | あれこれ



それなりの距離感


兄→妹

・危険なものを口にいれないよういつも視界のどこかでチェックし親に報告
・ついでに自分のおもちゃや本をさわろうとしたらブロック
・プラレールで遊びたいときはべビーベッドの中にいってほしい(さわられたくない)
・おやつをあげるのは楽しい
・ときどきは可愛いと思う
・まだまだわりと邪魔だなとも思う
・落としたおもちゃは拾って渡してあげる
・たたいたりひっぱったりされても反撃はしないが親に何とかしてという
・たまに勢い余って踏んづけたり倒したり
・でもちゃんとごめんねはいう
・どんなにしつこくうるさくなかれても怒ることはしない

妹→兄

・とにかく何をしてるのか気になる
・同じことをなんでもしてみたい
・遊びを邪魔されるとかなり強気の反撃
・大抵負けるけど尾は引かない
・兄が寝るとここぞとばかりに大人にかまってアピール
・あいつママと一緒に寝やがってずるいとかいってるふう
・別に大人がいなくても兄がいれば三十分くらい平気
・なぜ兄は抱っこをせがんだら潰れてしまうのかわからず不服(八キロで十五キロには・・・)

まとめ
強気なブラコン妹と、まだまだ幼いながらもそれなりにいたわってやってる兄



だれでもはじめからきょうだいってわけないですもんね
ほとんどのことは上が我慢しておさえて成り立っているのかと日々発見です
今更ながら、姉たちを尊敬。年長者は確かに敬うべきだといまならはっきりわかります(^_^;)


毎日いろいろきづかされて、ほんとおもしろいわー。

2015.11.29 | | コメント(2) | トラックバック(0) | あれこれ



にこにこ のち ぶちぎれ



入院5日目、一度は感染症疑いといわれたK太
結局確定した診断は、川崎病

詳しい検査は明日になるけど
ひとまずガンマグロブリンの投与でようやく解熱した

ずいぶん久しぶりにみる、ゴキゲンな笑顔
血液製剤ゆえ将来に不安がなくはないけど、まずは合併症を起こさないのが大事だから仕方ない

ほっとして弁当を買いに出た駐車場で
やられたよ、当て逃げ・・・

フツーこれだけ擦れば気づくべさ?!
なして逃げるかなあ

ありえん!

まだドアとかじゃなくてよかったと思うべきなのか・・・


なんかいろいろ切ない夏。

2015.08.05 | | コメント(1) | トラックバック(0) | あれこれ



「いいてんきね」


K太はそういったんだった
今日がお祭りの日と知っていて

「お祭りいきたいなら、ちゃんと寝てないとね」
「なおったよ!」「まだだよ~」
「ぼくなおったよ」「先生がいいっていったらね」


・・・で、小児科で紹介状を渡されて、
市立病院へ向かうクルマに乗る前に。
「いいてんきね」って、おさんぽしたそうにいっていた


入院になるってわかってたら、少しでも一緒に歩いたのに。
大好きなおひさまの下で、働くくるまのうたを歌ったりして。
してやればよかったのに。

川崎病で死ぬことは滅多にないけど、
退院したらもっと ほんのちょっとのもう少しを大切にしよう
ほんのささやかなことが 当たり前じゃなくなった日。


とりあえず前向きに付き添いしてこよう
娘も一緒に(笑)離乳食はしばしお預け。

2015.08.01 | | コメント(1) | トラックバック(0) | あれこれ



«  | ホーム |  »

プロフィール

まころん

Author:まころん
職業:なんちゃって主婦(実態はニート!?)
住所:北海道宗谷地方
年齢:29歳
趣味:手抜き料理,ドライブ,お散歩,カフェめぐり,湯めぐり,DVD鑑賞(海外ドラマ・映画)
苦手:家事全般特に整理整頓,論理的思考,お金の計算,カメムシ,生臭い食べ物特に海産物

生きているだけで楽しくて仕方がなさそうな2歳の息子と、「息をするのもめんどくさい」会社員の夫と3人暮らし。
最近土地に染まったのか、ラーメンは塩派になってきた。

いらっしゃいませ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。