スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



冷蔵庫がスカスカなの。

「食品がなくなるのが早すぎる。まころん、昼間どんだけ食ってんの?」


ダンナの言葉に思わずドキっとした私
断じて申し上げておきたいのですが、決してそんなことはないです
晩ご飯の時間がどうしても遅いので、お昼を2度に分けていただいてはいますが
むしろお昼は残飯処理をしている事の方がほとんどなんです

ここである一日の食生活を二人でかえりみてみました

<朝>(二人分)
牛乳(低脂肪乳)
ホットケーキ
ソテー(ほうれん草・ベーコン・もやし)
サラダ(キャベツ・水菜・トマト)
りんご(1/4)

<昼>(一人分)
じゃこ丼(梅・しそ・じゃこ・白ゴマ)
サラダ(キャベツ・水菜・トマト・玉ねぎ)

<おやつ>(一人分)
炊き込みご飯おにぎり(たけのこ・鶏肉)

<晩>(二人分)
ごはん
ひじき納豆
焼き鮭
煮浸し(菜の花・小揚げ・人参)
野菜いため(もやし・ちくわ・ピーマン)
お味噌汁(玉ねぎ・メークイン・わかめ)

<夜>
りんご(1/4)


・・・うーん。

私の実家はもともと量が多く野菜の割合が高めでお皿の数が少なく(てんこ盛りが1,2品)
ダンナの実家は品数が多くて食事がバイキング形式
うちの場合、ダンナが満足できるだけの品数を用意することと
そのときどきで食べきれる量にまとめることで結婚後まず苦労しました

まころん家的常識では、食事は「いただきます」に始まり、残さず食べて、「ごちそうさま」とおじぎして、お皿は自分で下げるのがあたりまえ
ダンナ実家的常識では、食事は食べたい時に勝手にたべて、残った分は出しっぱなし、使ったお皿はおばあちゃんが全部片付けてくれる
↑これはなんどあちらにお邪魔しても慣れることができません

というわけで結婚後は「いただきます、ごちそうさまは頂戴する命と作ってくれたひとへの当然のマナー!使った食器は自分でさげてうるかせ!」を口を酸っぱくして言う傍ら
晩ご飯はなるべく『主食・主菜・副菜・汁物・デザート』の全てを満たすように用意するよう心がけてきたのですが
この一年半でだいぶ調整がついてきたものの、未だに「もっと肉が食べたい」と言われます

でもねぇ・・・タンパク質の量を増やすと、野菜の割合が減るでしょ?
少ない少ないいったって、80グラムは出してるし!
カロリーばかり高い食事じゃお腹だけが育つこと間違いなしと思うんですが・・・


そこまで話し合ったところで、ダンナがのたまうには
「要するに野菜使いすぎなんだよ。で、野菜は高いからって買い物にいったときも目当てのものを買わなかったりするから、冷蔵庫がカラになるんだよ。今クルマ使えないから特売の買いだめもできないしさ」
「そうはいっても・・・お肉やお魚だって、一度に使う分の値段でいったら野菜よりずっと高いよ?」というと
「だから、食費切り詰めようとか考えないで、野菜をバンバン買えばいいんだよ」だそうで



・・・まだまだ、まころん家では、貯金は出来そうにありません^^;
うーん、生活するって難しい。スーパー主婦とか、マジスゲェと思う、本気で。

2012.04.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | あれこれ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

まころん

Author:まころん
職業:なんちゃって主婦(実態はニート!?)
住所:北海道宗谷地方
年齢:29歳
趣味:手抜き料理,ドライブ,お散歩,カフェめぐり,湯めぐり,DVD鑑賞(海外ドラマ・映画)
苦手:家事全般特に整理整頓,論理的思考,お金の計算,カメムシ,生臭い食べ物特に海産物

生きているだけで楽しくて仕方がなさそうな2歳の息子と、「息をするのもめんどくさい」会社員の夫と3人暮らし。
最近土地に染まったのか、ラーメンは塩派になってきた。

いらっしゃいませ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。