スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ごあいさつ

この記事は常にTOPに表示されます。



マニンゲン ニ ナレタラ。へようこそ

ここは私ことまころんの思いごとや日常・・・主に食べ物とかのあれこれの殴り書き置き場です
更新は気まぐれ、文章もバラバラ、まぁまとまりのないのだけが特徴;w;
そこのあたりはあまり多くを要求しないでいただけるとありがたいです^^;

不束者ではございますが、温かい目で見守ってくださいますよう・・・
平に、お願い申し上げまするっm(_ _)m


なお、いただいたコメントには遅延気味ではございますが必ずお返事させていただきます
また、トラックバックは原則として何らかの形で直接のお付き合いのある方のもののみ承認させていただきます



2012.3.9
以下の点を変更しました
・2012年2月以前の記事の非公開化(一部を除く)
・限定記事閲覧パスワードの変更(2012年2月以前からご来訪くださっているお友達に対しては、コメントなりメッセージいただければ対処させていただきます)

スポンサーサイト

2037.03.13 | | コメント(2) | トラックバック(1) | あれこれ



トンネルの出口は見えないけど、名前がみえた


いつの間にか2017年

ぽつんぽつんのこちらのブログですが、気にかけてくださる皆さんに心からの感謝を。

今年も相変わらずですが、よろしくお願いいたします。


冬のはじめにマイホームへ引っ越しを終えて、とたんにどか雪
からの、
誕生日にクルマで事故
からの、
まさかの代車を夫がスコップで雪降ろしして賠償

と、年の暮れに厄年のツケが一気に来た昨年でしたが
明るい光もさしてきました


支援枠で転入した、S幼稚園。
縦割の少人数保育で、K太の様子が変わってきました
なんというか、穏やかになりました
お友だちと何をして遊んだ、何て話もきかせてくれるようになり、
毎朝自分から前向きに準備して通ってくれています

片道五キロ、冬場はしんどいですが
彼のプライスレスな笑顔にくらべたら。

さて、お友だちと遊んだ、はよくしゃべるけれど
お名前がなかなかでてこないのが気になったんですよ

まあ私も名前とかお覚えるのがほんとにダメなんですけど、

待ちに待った自動精神科の初診日

二時間半にも及ぶ検査と問診の末、
「自閉症スペクトラムの傾向が、かなり強い」
とのお話がありました。


ああ、やっぱり、と安堵する気もちと
そうか、ほんとにこの子は、治し方のよくわからない病気なんだ
と落ち込む気もちと

なんでしょうね、言葉にできません
あの日の胸のうち


まだ初診ですから
診断確定までは時間がいるでしょうが


どうしてできないの!なにやってるの!
と、いいたくなった時
足のない人に歩けといったって無理なように
この子はできないのが普通なんだ
そう思うよう努力するために

できて当たり前でなく
できなくて当たり前、それがこの子にとっての普通なんだと
そう自分に言い聞かせ、怒鳴ったり追い詰めたりしないよう気を付ける

とりあえずそこからやってみます
もうねそれだけでも私にはなかなかのチャレンジですよ(^-^;


幸い、今の幼稚園には支援枠できているおこさんも多く
障害の勉強会なども定期的にあるので
情報集めたり 不安を溜め込まないようにしていきます


診察の最後にドクターから
「おかあさん、たいへんいいにくいんですが
K太くんはお父さんのことをとても怖がっていました
パパはたたくし、すぐ大きな声で怒るのと
お父さんとの関係で、自分はダメなんだ、悪い子なんだとおもってしまうのがとても心配です」
といわれました


夫には私から話しても、子供との接し方については聞く耳持ってくれません
一緒に受診を、と頼んでも平日に子供の病院なんかで抜けられるか、ばかじゃないのと吐き捨てられました


乗り越えるべき課題が多くて脚がすくみますが
まずは、現在地がどこかわかっただけでももうけもの


さて、これからどうやって進もうか
まわりをたよりながら、考えていきたいと思います

2017.02.13 | | コメント(0) | あれこれ



最近のつぶやき


忙しい二ヶ月でした


登園拒否に陥り、発達障害のかなり高い可能性と
現状では支援枠でなければ受け入れてくれる幼稚園はないだろう、との指摘を受けた息子

家庭においても指示が入らない、破壊暴力行動などが増えてきた彼のために
転入ないし来年度からの二年保育入園の可能な幼稚園をさがしつつ
デイサービスの受給申請しつつの
家探し(息子が夜間喘息発作を起こすため、街道沿いから住宅街への転居)

住宅ローンだとか、地震保険だとか
いろいろやりながら思うことには
障害(まだ、疑いだけれど)児の生活と精神のサポートをするのに
パートでも働きながらは、私の体力と小さすぎる器では無理だ、との結論


「仕事やめることにしたんだ
あのこには今、笑顔でいられる私が必要だから
働いてないなら、どうしてもいきたくない日に無理に幼稚園に行かせなくてもいいしさ
引っ越しして落ち着いて、デイサービスとかも探して、何もかも前に進んでいけそうになるまでは
がんばって節約しながら家にいるよ」

そうはなす私に、うん、うん、とうなづきながら
「そうしてやりなさいね。
安心していられる場所のない子は、かわいそうだもの
いい幼稚園に入れるといいねえ」
といってくれた祖母が、
ほんの五日後に突然、心筋梗塞で亡くなりました


せっかく札幌に戻ってきたのに
こんなにあっけなく


パートに出る前は、毎週末顔を出していたのですが
働きはじめてからは月に一度か二度しか会いに行けず


祖母に寂しい思いをさせ
息子に切ない暮らしを強いて
取り戻すことのできない四ヶ月をおもうと、ため息ばかりがでました


すんでしまったことは、すんでしまったことでしかありえない
祖母にはもう何もしてあげられないけど
安心して成仏できるように、
子供たちと笑って暮らしていけるようがんばろうと思います


ありがたいことに、パート先からは子供のことが落ち着いたら何年後でも戻っておいで、と暖かく背中を押してもらいました
ひたすら迷惑をかけたというのに、頭が上がりません


引っ越しは来週末

途中入園させてくれる小規模な幼稚園も見つかり
これからががんばりどころです

今の幼稚園で練習していたお遊戯会には出られなくなってしまったけれど
新しいところはミッション系で、盛大な聖誕祭をやるらしいので
そこでクラスに馴染めたら、と願っています


さてまた環境変わったらチビ二匹落ち着くまで荒れるんだろうなあ~

インフルエンザにだけはならないよう注意して、

「おかあさん」をがんばらねば。



取り返しの、つくうちに。

2016.11.10 | | コメント(2) | あれこれ



天狗山にて


こどもたち、ちいさな森の住人に初遭遇


喋り始めたばかりの娘と、まだ会話のつたない息子が、同時にうわぁ~!!といったのがめんこかったです


いやされたー。

2016.09.29 | | コメント(0) | あれこれ



お久しぶりです

ながの無沙汰、もうしわけありません。

もっsんさん、花華さん、ご心配おかけしてすみません。

なんとか、やってます。


二月末、夫の転勤で母のいる札幌に戻りました。
義実家までクルマで40分、母のマンションまで同じく15分の位置にアパートを借り、
K太は自然が豊かで伸び伸びできると評判の幼稚園に入園しました。

やっと暮らしも落ち着いた7月
やはり物価も地価も高く、仕事上での経費や交際費も嵩むようになり
家計のたしと育児の気晴らしを兼ねて、平日週3回昼間のみパートにでることにしました。

保育園は待てど暮らせど望み薄なので、職場に保育所があるところに通っています。


保育開始ひとつきほどは娘が癇癪や夜泣きなど落ち着かず
夏休みにはいり息子が赤ちゃんがえり、明けて登園拒否。
保健センターから小児精神科受診をすすめられたものの、評判のよいところは来年まで予約でいっぱいで、二月まで空き待ちです。

夫は、家では食事をとりません。
深夜に帰宅し、明け方に出ていきます。
育児がますます孤独になり、追い詰められていると感じることも増えましたが
実母のところへ仕事帰りにより、少しだけ本音と弱音をはかせてもらうことで、なんとかやってます。

最近、悩みが多いせいか発言や思考がネガティブになっていると感じています
職場でもついでてしまいます
正直、息子の療育のためには働いている場合じゃないのかもしれません
けれど実母も義母も忙しく手を借りることができない以上
仕事でもしていないと、気分転換ができません
お金もきつくなるし・・・

そうはいいつつも
疲れやイライラがたまりすぎて
起きているのもつらいことが増えてきて
炊事意欲がわかず、お弁当や店屋物に頼る日が増え
あまり意味がないような気もします
1才児にはやはり手作りがいいと、わかってはいるのだけれど、ちゃんとできない自分にがっかり


子供たちはおおきな病気もせず
仲よしきょうだいにそだってくれて、それだけが救いです

今のすみかが以外に環境悪く息子の喘息が悪化するなどしたことと
幼稚園の拒否が強いことから
転居を検討中です


いろいろ落ち着かなくて、おへんじもろくにできずごめんなさい


とりあえず、生きてますよー!

2016.09.29 | | コメント(1) | あれこれ



«  | ホーム |  »

プロフィール

まころん

Author:まころん
職業:なんちゃって主婦(実態はニート!?)
住所:北海道宗谷地方
年齢:29歳
趣味:手抜き料理,ドライブ,お散歩,カフェめぐり,湯めぐり,DVD鑑賞(海外ドラマ・映画)
苦手:家事全般特に整理整頓,論理的思考,お金の計算,カメムシ,生臭い食べ物特に海産物

生きているだけで楽しくて仕方がなさそうな2歳の息子と、「息をするのもめんどくさい」会社員の夫と3人暮らし。
最近土地に染まったのか、ラーメンは塩派になってきた。

いらっしゃいませ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。